不動産お役立ち情報

不動産投資とは

不動産投資とは

不動産を購入し、購入した物件を賃貸したり、売却することによって収益を得る投資方法の一つです。バブル経済期の不動産投資は購入した不動産の値上がり、売却利益(キャピタルゲイン)を目的とする投資でした。しかし、現在では購入した不動産を賃貸して継続的に得られる収益(インカムゲイン)を目的とする不動産投資が主流です。近年の、低金利、ペイオフ解禁により、資産運用の一つとして不動産投資が注目されております。

  • 資産形成の基本商品の一つ
  • 現金・有価証券・不動産の三つを併せ持つ、財産三分法は昔から、資産形成の基本となっています。バブル崩壊により、マンション経営に関しては、異常であった購入価格も適正になり、家賃利回りも上昇傾向を示すなど、資産形成には好機です。
  • 相続対策
  • 相続や贈与の際、現金や預貯金で財産を有している場合よりも不動産の方が評価額が低く押さえられ税金面で有利です。
  • 生命保険として
  • アパートローンを借り入れた場合、ほとんどの金融機関で団体生命保険というものに加入していただくことになります。オーナー様が万一死亡及び高度障害になった場合ローンの残債はすべて保険により支払われます。残されたご家族にはローン債務が無くなったアパートやマンションが相続され、借入金ゼロの収益物件が手元に残り、月々安定した家賃収入が入ります。又、相続した物件を売却すればまとまった金額を手にすることも可能です。
    (但し、金融機関により異なる場合があります)
  • 年金/老後対策
  • 高齢化が進んでいる現在。平均寿命を考えると定年後、ご主人で約20〜25年、奥様で約30年生活することになります。年金制度に不安のある今、定年以降の生活を公的年金だけでは賄えない現状を考えると、充実した生活を送るための保証・安心としてマンション経営は安定した収入が確保できます。
  • 預貯金の代わり
  • 現在の利回りの低い貯金金利では、貯金の財産的魅力は低下しています。マンション経営は、マンション価格の正常化により、購入価格に対する家賃利回りが高く、平均すると10%以上なので高利回りの貯蓄です。

株式会社 タカラ

〒060-0061 札幌市中央区南1条西10丁目4番地 ・TEL:011-261-5655(代) ・FAX:011-261-5595
・営業時間[9:00〜17:00] ・定休日[日曜/祝日]
○免許番号:北海道知事 石狩(9)第3700号 ○商  号:株式会社 タカラ
Copyright(c) 2011 TAKARA Inc.All rights reserved.

札幌の賃貸なら株式会社 タカラ