結露について

水道の凍結事故が多発

昨今の建物は、機密性が高く自然換気が十分ではないため、特に暖房器具を使用する冬期には寒暖の差が高くなり結露が発生しやすい状況になるので次の点に注意してください。

  • 各部屋が同じ温度を保つよう、ふすま・ドア等を閉めっぱなしにせず、できるだけ開放して 使用してください。
  • 家具等を特に外部に面した壁面に接近しすぎると通風が悪くなり家具の裏面が結露しカビが発生することがあるので注意してください。
  • 室内の換気口は常時開放し、時々窓も開けて空気の入れ替えをすると共に、空気のこもりがちな押入、浴室等も開放して空気の入れ替えを行ってください。
  • 水蒸気の発生を抑えるため、炊事や洗濯物を干す際は窓の開放・換気扇の使用を必ず行って ください。又、浴室使用の際は必ず扉を閉め、使用後は扉を閉めて換気扇を十分に使用する と共に浴槽のお湯は速やかに抜くようにしてください。
  • 加湿器の使用及び煙突を要しない暖房器具(電気暖房を除く)の使用は結露を発生させますの で絶対に使用しないでください。
  • 窓面についた水滴は、放置しますと壁や床にしみ込みカビの発生原因となりますので都度ふ き取るようにしてください。
上記の記載事項を注意しても、結露発生が抑えられない場合は弊社までご連絡頂ければ、結露防止のアドバイスや状況により除湿機の無料貸出を行います。お部屋の管理はお客様の責任で行うものなのでこのような場合は放置せず必ず管理会社である弊社に報告・相談してください。万一放置してしまい、カビ等の被害が拡大してしまった場合は修繕費等をお客様にご請求させて頂く場合があります。お客様それぞれの生活スタイルが違うように、部屋の向き、間取り、階数等によって同じ建物でも結露発生の原因が違います。ご相談頂ければお客様に合わせた結露対策をお部屋に伺いお話させて頂きます。

このページのトップへ

株式会社 タカラ

〒060-0061 札幌市中央区南1条西10丁目4番地 ・TEL:011-261-4121(代) ・FAX:011-261-4021
・営業時間[9:00〜17:00] ・定休日[日曜/祝日]
○免許番号:北海道知事 石狩(9)第3700号 ○商  号:株式会社 タカラ
Copyright(c) 2011 TAKARA Inc.All rights reserved.

札幌の賃貸なら株式会社 タカラ